上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.17 今思うこと。
ご無沙汰しておりました。
ひなつむぎです。

3月11日に起こった東北太平洋沖地震。
それに伴う原発事故。
そして、今もなお、毎日のように余震が続いています。

日々、当たり前に守られてきた生活のすべてが失われ、愛する人たちを奪われた方々の気持ちや、
これから復興へと立ち上がっていこうとされる方々の決意を無駄にすることなく生きていたいと思います。

16年前、1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災。
1年とちょっと経った当時、太鼓グループに所属していた私は、メンバーとともに慰問公演を行いました。
そこで出会ったたくさんの人々。
奥さんを亡くし、生きる意味を失くしていたと語るご主人から
「太鼓の音で元気が出たよ、ありがとう」と涙ながらにお話をいただいた場面や
仮設住宅での宿泊、炊き出しの匂い、ドラム缶で暖をとりながら話したこれからの事。
銭湯の温かさ…すべての人の力強さやたくましさから元気をもらった数日間を思い出しました。

人はきっと立ち上がれる。
そこに支えてくれる人が必ずいる。
そう信じてやみません。

そして、私自身も支えられる一人として何をすべきか、考えて日々暮らします。

慰問公演の時に出会った歌。
ソウル・フラワー・ユニオンの「満月の夕」
震災後すぐに作られた被災地の方の姿が歌い込まれた、悲しくも力強い曲。





この度、震災で被害に遭われました方、非難を余儀なくされている方、すべての方にお見舞い申し上げますとともに、これからの復興を心よりお祈りいたします。

日々の暮らしの中で、私たちに何ができるか問い続けながら一緒に歩いて行ければと思います。
スポンサーサイト
2011.02.27 鹿パラダイス
こんばんは、ひなつむぎです。

昨日の土曜日、昼食後にNHKをみていると、奈良公園の鹿がアップに。
それをみた3番目…「鹿みたい!」
それを聞いた店長…「よし、今からみにいくでっ!」

はい?
時計はすでに1時を回り、反計画性行動の苦手な私はパニくりながらも車に乗り込みました。
はぁ…これだからO型は。(O型の方ごめんなさい)

でも、滋賀県最南端にある信楽は、車で15~30分も走ればすぐに三重県・京都府。
約1時間で奈良公園に到着。
「案ずるより産むがやすし」とはこのことか…なんて。

というわけで、休日の半日、奈良公園を満喫してきました。

奈良1
1番初めに目にとまったバス。名前は「バンビーナ」。可愛い…。

奈良2
東大寺大仏殿までの参道、さすがに「平城遷都1300年祭」の影響かすごい人とすごい鹿(笑)です。

奈良3
さっそく鹿と戯れる2番目…そっぽ向かれてますが。

奈良4
東大寺南大門をくぐり。
3番目を金剛力士像でビビらせまくってやろうと思ったものの、でかすぎて理解不能。

奈良5
今回は大仏殿は時間短縮のため省略。外からの参拝となりました。

奈良6
売ってますね、鹿せんべい。
こんな高かったっけ?と言いつつ購入。
鹿せんべい売りのおばちゃんに「鹿が(店を)襲ったりせぇへんの?」と質問すると
「売り物やとわかってんのとちゃう?」との答え。
決して「普段からどつき回してるからなぁ…」なんて言われませんでした。

奈良7
こぉんな可愛らしい顔で澄ましてるのに、いざせんべいを手にすると…
奈良8
わらわらと寄ってたかって、この状態。
ちょっとだけ伸びた自慢のツノで背中はつつく、カバンは引っ張る、鼻水(?)つけるの大騒ぎ。
子どもたちは恐怖で引きつってました。

奈良9
でも、私が怖いと思ったのは、やっぱりこっち。
せんとくん。
お土産物屋さんに居座ってた彼、私より大きかった…。

そして、春日大社まで散策。

奈良11   奈良12
こんなとこにも、あんなとこにも鹿。

奈良10
お清めのお水も鹿の口(じゃないけど)から。

春日大社の参道は、緑に囲まれ厳かな雰囲気でしっとり落ち着きました。

奈良13
「春日型灯篭」の見本となったと言われている灯篭が並びます。

奈良14
本殿に到着。
おみくじを引きました。
店長・2番目→末吉。
1番目・私→大吉。(3番目は省略)

奈良15

数時間の散策でしたが、鹿に(ちょっとだけ)歴史にふれることのできた楽しい時間でした。

2番目の宿題の日記には「鹿が怖くて2度と行きたくないと思いました。」と書いてありましたが。
2011.02.24 載せましょう
こんばんは、ひなつむぎです。

東京のお土産にこちらをいただきました。
ケーキ1
なにやら、美味しそうなパッケージ。
「おいものパウンドケーキ」
穏やかな甘みのさつまいもたっぷりのパウンドケーキです…うんうん。

ん?
箱の下に貼られたタグ。
ケーキ2
「りんごパウンドケーキ」
???

どっちやねんっ!

ケーキ3
あぁ、なるほどね…。
おいもベースでいろんな味があるらしい。
いただいたものはりんごトッピングと考えると納得。

せっかくなので、うちの商品に載せてみましょ。

「おやつ!おやつ!」と叫ぶチビをしり目に。

ケーキ4
こちらは、女性作家さんのもの。
信楽焼には珍しい色味とぽってりしたフォルムがなんとも可愛らしい。
水玉模様です。

ケーキ5
次はこちら。
グッとシックになりました。
1枚1枚手描きの模様、存在感はあるけど、意外にマッチ。

ケーキ6
こちらは和風な感じに。
お皿の縁がちょっとだけあがっていて、使いやすそう。
緑の釉薬がなんとも綺麗です。

チビがフライングしそうだったので、これが最後。

ケーキ7
刷毛目が綺麗な一品。
こちらも刷毛目のひとつひとつを丁寧に描いています。
なんといっても、このお皿、とっても薄くて軽い。使いやすさ抜群です。

おんなじケーキを載せたのに、こんなに雰囲気が変わっちゃうんですね。
お気に入りの1枚、ありますか?

もちろん、このケーキ…速攻チビと私のおやつになりました。
味は、りんごの酸味とおいもの甘さが程良く…とってもしっとりとした美味しいものでした。満腹!

ケーキの販売はございませんが、うつわの販売はさせていただいております(笑)。
こちらまでお越しください。
和onバナー
信楽焼オンラインショップ「和on」

本日のうつわたち
ケーキ8

(左上)ライン取り皿 760円(税込798円)      (右上)渦取り皿 900円(税込945円)
    サイズ 10.5×10.5×1.5cm              サイズ 11.5×11.5×2.5cm

(左下)水玉取り皿  1400円(税込1470円)     (右下)深緑変形取り皿 760円(税込798円)
    サイズ 10×10×1.5cm                サイズ 11×11×2cm
2011.02.19 桃の節句
こんばんは。
ひなつむぎです。

今日は朝から本当にいいお天気。
うちでは店長の長い長い東京出張が終わったら必ず行こうと長男と約束していた雪山へ。
楽しい1日を過ごしました。
しかし、すでに筋肉痛…。日々、体力の衰えに頭を悩ます私であります。

さて、雪山談はさておき…。
我が家でもようやくお雛様を出しました。
姫(か?)が2名もいる我が家。毎年、早めに出そうと思いつつやっぱりギリギリの登場です。

雛1

今年もいいお顔。
昨年と違って、いろんなことがわかるようになってきた次女がとっても喜んでいました。

あら?
うちは陶器屋…。
陶器の雛人形ないの?そう思われたあなた…。そう、そこの。
というわけで、うちのショップに展示してある陶雛をご紹介いたします。

雛2

こちらは金屏風も台座もついた本格派。
着物の柄も素敵です。


雛3

「ふわり雛」玄関などに飾っていただくと、たちまち桃の節句です。


雛4

こちらは表情がユニークなお雛様。
笑顔がなごみます。


雛5

こちらはぽってりコロコロ…ちょっとお顔が怖いと感じるのは私だけ?


雛6   雛7

こちらは屏風つきの小さなお雛様。ちょっとした贈り物に最適かと…。
実は、手のひらに載るサイズ。ひとつひとつ手作りだから驚きです。


いろんな姿のお雛様。
形は違えど、お子様たちの成長を心からお祈りするように作られた一品一品。
残念ながら、オンラインでの販売は現在のところいたしておりませんが、興味のある方はご連絡くださいね。
お待ちいたしております。

和onバナー
信楽焼オンラインショプ「和on」
こんばんは。
ひなつむぎです。

相変わらず…更新の途絶えがちな私。
前回の更新からもう半月。
その間に、息子の誕生日やバレンタインなどなど…たくさんの行事がありました。
思えば、毎日のようにネタはどこかに転がってるはずなのに、ホントに無精なわたくしであります。

で、今日はと言うと…。
なぜだかアンパンマンのおはなし。

1番下の娘はアンパンマンをリスペクト。
日曜早朝の放送も毎日夕方のBSの放送もチェック。

たくさんのユニークなキャラクターや仲間を大事にする気持ち、そして、アンパンマンの言葉づかい。
大人の私が見ていても、長く続く理由がわかる…そんなアンパンマン。

はひふへほ~!のばいきんまんのいたずらから始まり…

「やめるんだ、ばいきんまん!」

「きたな~!おじゃま虫め~!これでもくらえっ!」

「顔がぬれて力が出ないよぉ~」

「アンパンマンがたいへんだっ!」

「バタコ、新しい顔を焼くよっ!」

「アンパンマン、新しい顔よぉ~!」

「元気100倍!アンパンマン!」

「ア~ンパァンチッ!」

「バイバイキ~ン…」

10分ほどのお話の流れはだいたいこんな感じ。
ご年配の方が水戸黄門を観てホッとするように、きっと子どもたちもわかってる展開だけどそこに癒しを感じてるのかと思う私。


しかし…これを見ていた小学生のにぃにとねぇね。

「なぁ、ジャムおじさんをなんとかしたらばいきんまん勝てるのになぁ~。」

「パン工場ごと壊したったらえぇやんなぁ~。」と。


近頃の小学生は刺激を求めているのでしょうか…。
ご機嫌でテレビを観ているチビちゃんには聞かせたくない発言。
現実的…そのもの。
もうちょい、夢を持って観てください…なんて小学生には無理か。

そしてそして…先日、出張のお土産とチビちゃんにだけ袋を渡したおじいちゃん。
普段から出張は多いので、お土産なんて珍しいんだけど。
「ばいきんまん、買ってきたったで」

バイキンマン

。。。。。。。。

ダレ?
子どもたちに聞くと「はなかっぱ」の「ガリゾー」だそうで。
思わず、「えびぞう?謹慎中やで…」なんて言ってみたり。

そもそも、何故ばいきんまんだったのか?

きっと、大きくなってから悪者に気をつけるんやでっ!っていうおじいちゃんの優しさなんだ!と思うことに。
おじいちゃん、ありがとう。

そんなこんなで、明日の夕方も「さんさん体操」で盛り上がる我が家でございます。



素敵な贈り物はこちらから…。
和onバナー
信楽焼オンラインショップ「和on」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。